maeshimaの日記

メモ書きです

大規模データを扱うための勘所

三つ目の発想はなかった

  1. いかにメモリで済ませるか
  2. データ量の増加に強いアルゴリズム、データ構造
  3. データ圧縮、情報検索技術