読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

maeshimaの日記

メモ書きです

今週のrailscasts - Dynamic attr_accessible

Railscasts - Dynamic attr_accessible
ASCIIcasts - “Episode 237 - Dynamic attr_accessible”
を見て。

attr_accessibleメソッドの欠点2つ

  • テスト時に mass assign したいけど attr_accessibleでできない><
  • 動的でないので、ユーザの権限によってaccessibleな属性を変更するみたいなことが出来ない><

2つめの欠点は自分にとってかなり致命的で、個人的に attr_accessible はほとんど使ってない><

Rails 3 で mass assignment

attr_accessible は、Rails 3 では ActiveModel::MassAssignmentSecurity module に含まれている。なのでActiveRecord以外でも使える。controller に include して、admin ユーザなら accessible な属性を増やすような使い方も出来る。下記はrails の document から引用。

class AccountsController < ApplicationController

  include ActiveModel::MassAssignmentSecurity

  attr_accessible :first_name, :last_name

  def self.admin_accessible_attributes
    accessible_attributes + [ :plan_id ]
  end

  def update
    ...
    @account.update_attributes(account_params)
    ...
  end

  protected

  def account_params
    sanitize_for_mass_assignment(params[:account])
  end

  def mass_assignment_authorizer
    admin ? admin_accessible_attributes : super
  end

end 

mass_assignment_authorizer メソッドをオーバライドすることで、mass assignmentを許可するカラムを条件毎に変化させられる。

rails のドキュメントでは controller のみで動的な mass assignment を実現してたけど、railscasts 中では、model に accessible というインスタンス変数を追加し、controller の action 毎に 属性名 を代入することで動的な mass assignment を実現してた。さらに最終的には config/initializers ディレクトリで ActiveRecord::Base を拡張して、全 model に変更を反映させていた。

気になった細かい点

  • protected_attributes メソッドで protected な attributesの配列がとれる
    • これもMassAssignmentSecurity Moduleで定義されているメソッド
  • 引数なしの attr_accessible は全部 protected にしたのと同じ
  • attr_accessible は二回呼んでもいい
    • 二回以上呼んだ場合は単純にaccessibleな属性が足されるっぽい