読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

maeshimaの日記

メモ書きです

スレッドキャッシュとテーブルキャッシュについてのメモ

メモ

スレッドキャッシュ

  • 接続に使ったスレッドを使い回すキャッシュ
  • Threads_created 状態変数をみて、1行間に作成される新しいスレッドの数が10個未満になるようにする。
  • Threads_connected 変数を監視して、変動幅をthread_cache_sizeに設定する。例えばTherads_connected が 100〜200の幅で増減しているならthread_cache_sizeを100にする。
  • スレッドキャッシュに含まれるスレッドまたはスリープ状態のスレッドはそれぞれ一般に約256KBのメモリを使用する

テーブルキャッシュ

  • スレッドキャッシュと似たような感じで、テーブル情報を使い回す感じ。
  • InnoDBにとってはやや重要性が低い。あんまりテーブルキャッシュに依存してないみたい。
  • Opened_tables 状態変数の値が大きい、または増えているとしたら、テーブルキャッシュの大きさが十分ではない。table_cache(5.1だとtable_open_cache)を増やす。

参考

実践ハイパフォーマンスMySQL 第2版
Baron Schwartz Peter Zaitsev Vadim Tkachenko Jeremy D. Zawodny Arjen Lentz Derek J. Balling
オライリージャパン
売り上げランキング: 8496
おすすめ度の平均: 5.0
5 類似書は全部不要、究極の解説書