読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

maeshimaの日記

メモ書きです

bundlerについて疑問に思ったことを調べた

bundlerについていくつか調べたことについてのまとめ。ただし中途半端。間違ってたら教えてください><

Bundler: The best way to manage Ruby applications

コマンド一覧

Tasks:
  bundle check            # Checks if the dependencies listed in Gemfile are satisfied by currently installed gems
  bundle console [GROUP]  # Opens an IRB session with the bundle pre-loaded
  bundle exec             # Run the command in context of the bundle
  bundle help [TASK]      # Describe available tasks or one specific task
  bundle init             # Generates a Gemfile into the current working directory
  bundle install          # Install the current environment to the system
  bundle lock             # Locks the bundle to the current set of dependencies, including all child dependencies.
  bundle open GEM         # Opens the source directory of the given bundled gem
  bundle package          # Locks and then caches all of the gems into vendor/cache
  bundle show [GEM]       # Shows all gems that are part of the bundle, or the path to a given gem
  bundle unlock           # Unlock the bundle. This allows gem versions to be changed.
  bundle version          # Prints the bundler's version information

bundle install

bundle installしたときの格納場所は

  1. BUNDLE_PATH
  2. ~/.bundle

の順番。

bundle install path

のようにすると、.bundle/config の中に BUNDLE_PATH が設定される。

system 的なところに格納されていれば、いちいち ~/.bundle 配下にコピーしてきたりはしない。たぶんいろんなパスを順番で見ていって最初に見つけたgemを使うのだと思う。

デフォルトではユーザのホームディレクトリ配下の.bundlerにインストールされるので、例えば

sudo su
bundle console

などとすると gem が見つからなくてエラーになる。

sudo bundle console

だと実行できる(たぶんsudo元のユーザを見てる)。なぜか nginx ユーザで passenger 使うと大丈夫だったりする?このへんよくわかってないけど、サーバで使う時には基本的には

bundle install vendor/bundler

などして、ホームディレクトリ配下にインストールしないように工夫する必要がありそう。

ローカルで作業してサーバにアップロードしたいとき

bundle install --disable-shared-gems vendor/bundler

とする。 --disable-shared-gems オプションを使うと、system でインストールしたgemもBUNDLE_PATHにインストールする。

バージョン固定したいとき

bundler lock

としてバージョンを固定する。 Gemfile.lock にインストールしたgemのバージョン情報が入る。

bundle package

bundle package

とすると、 vendor/cacheに gem が入る。ここにある gem はリモートサーバにあるgemのキャッシュ的な使われ方をするみたい。これをうまく使うと gemcutterとかの他のサーバに接続しないでbundle installできる(未確認)。